慰謝料 課税対象

慰謝料は課税対象になるの?

離婚する時に渡される慰謝料は課税されるのでしょうか?
離婚の時に支払うお金に関しては、莫大な額でなければ税金はかかりません。
支払い手・受け取り手どちらにしても税金を支払う必要がありません。

 

とはいっても、慰謝料として受け取れるのはお金だけではありません。
中でも土地などの不動産を慰謝料にする予定なら、
「不動産取得税」と呼ばれる税金を支払う必要があるかもしれません。
不動産取得税というのはもらう受ける側にかかる税金で、
結婚している間に取得した不動産の財産分与においては、
半額となりますが、それ以上の場合は税金が課されることを覚えておきましょう。
結婚する前に購入した不動産に関しては、軽減処置とはならないため、注意が必要です。

 

単純に考えると、二人で得た物に関しては独り占めすべきでないというわけです。
共にこれまで築いてきた共有財産を二人の間で分けるなら、預貯金や不動産には贈与税が課せられません。

 

これまで二人が共に築き上げた共有財産ですから、
お互いが納得のいく仕方でスムーズな話し合いができるようにしたいものです。
離婚の際の不動産分配について悩んだときには、しっかりとした知識が必要です。
よく理解しないまま自分たちで決めてしまうと、後になって問題が大きくなってしまう場合もあります。
離婚調停に取り掛かる前に、互いに持っている財産をわかりやすくまとめておく必要があります。
離婚の手続きが済んでから隠していた財産がみつかると、当然大きな問題となります。

慰謝料は課税対象になる?関連ページ

慰謝料の相場
離婚時の慰謝料の相場について。
離婚後の慰謝料請求
離婚した後の慰謝料請求について。
浮気相手に慰謝料請求
浮気相手に慰謝料請求する時に知っておきたい基礎知識。浮気相手に復讐します?