浮気相手 慰謝料請求

浮気相手に慰謝料請求するには?

配偶者に不貞行為(浮気)があった時は、離婚の際に慰謝料をもらうようにしましょう。
また浮気相手にも慰謝料請求をすることもできます。

 

配偶者の浮気相手に慰謝料の支払い(慰謝料請求)を求めるには、
最初に慰謝料に関する文章を作成して浮気相手に内容証明で送付します。
その後に、裁判所で賠償のための慰謝料を払うよう求めます。
内容証明を送りつけただけでは、
慰謝料の請求にはなっていないので注意するようにしてください。

 

また離婚後に不貞行為(浮気)の事実が明るみに出た際にも、
その事実を知った時点から3年以内に慰謝料の請求ができる時効の期間が決められています。
この時効の起点は浮気の事実を知った日から数えるので、
離婚後何年経っていても経過年数に関わりなく3年の時効が生じます。

 

浮気相手に復讐するなら慰謝料請求が筋の通った方法といえます。

浮気相手に慰謝料請求しよう!関連ページ

慰謝料の相場
離婚時の慰謝料の相場について。
離婚後の慰謝料請求
離婚した後の慰謝料請求について。
慰謝料は課税対象?
離婚時の慰謝料は課税対象になるのか。