協議離婚 慰謝料

協議離婚の慰謝料や養育費

二人で話し合って離婚について決めることを協議離婚といい、
慰謝料や親権などを夫婦で相談して決めます。
協議離婚で話し合いがまとまらずに離婚が成立しなかった時は、
「裁判離婚」という裁判によって離婚を審判する手続きを取ります。

 

夫婦で決める協議離婚では、養育費や慰謝料として支払う金額を書面に残さないことがよくあります。
そのようなことから、約束したはずの慰謝料や養育費が支払われずにトラブルとなることもあるようです。
協議離婚という形での離婚の場合、裁判所は間に入ってくれないので、全て終わってからごたごたと問題となることもあります。
そういったことを避けるためにも養育費、慰謝料、財産分与などのことは、書面の形にして残すことが重要なポイントです。

 

専門分野が離婚問題の弁護士事務所の中には、
無料相談を直接または電話の形で応じてくれるところもあります。
離婚した後にも起こる慰謝料、養育費の問題、
どうしたら親権を持てるのかなどもしっかりと相談して、
的確なアドバイスをしてもらうことが大切です。
離婚に関するアドバイス以外にも、夫もしくは妻が浮気をしているかの
チェック方法などもアドバイスしてくれるようです。
相手からの浮気や暴力に思い悩んでいる場合も、話を聞いてくれます。

 

もしすでに離婚が成立している人でも、
離婚後にもらえる慰謝料に関する相談も受けてくれます。

 

協議離婚で離婚をする場合でも、
慰謝料などお金に関することはちゃんとした書類を作成しておくことがポイントです。
協議の時に弁護士にも来てもらって離婚について話し合うと、問題解決も早いようです。
二人だけで話しあうのではなく、こういった第三者を交えて話し合うということも
協議離婚を成立させるうえでは重要になります。
自分に全く原因がないならなおさら、離婚を話し合う時に
書面で養育費や慰謝料の金額をはっきりさせておきましょう。
適当に手続きしたりせず、後悔のない離婚を心掛けるようにしたいものです。

協議離婚の注意点関連ページ

熟年離婚
熟年離婚では、慰謝料に加えて財産分与、年金についても考えなければいけません
財産分与
離婚時の財産分与の仕方は、絶対に半分ということではなく、その家庭によって違ってきます。
養育費
子持ち離婚の場合には、養育費に関することはとても重要です。
指輪の処分
離婚したら指輪どうしますか?