離婚 養育費

養育費の相場

離婚を考えて離婚届を提出するまでには、結婚以上のエネルギーが必要になります。
子どもがいる家庭ならば余計に、親権をどのようにするか、
どれほどの養育費を払うかなども重要な事柄です。
どちらが親権を持ったとしても、慰謝料の他に、親権者へ養育費の支払いが発生します。

 

離婚の原因を作ったのが相手である場合は、慰謝料を払ってもらうことが可能となっていますが
養育費と言うのは慰謝料とは関係ありませんので、混同しないようにしましょう。
離婚の際に一度だけ支払われるのが慰謝料になり、
養育費は子供が成人するまで支払うよう求められています。

 

子どもが二十歳になるまで1ヶ月単位の養育費用を決めて払う場合が多いようですが、
金額は経済状況や家庭環境などでかなり差が出るようです。

 

裁判所が計算して決めた養育費に関する相場は、
子どもが1人だけの場合はおよそ3〜5万円程度、
2人の場合には5万円〜8万円程度が相場となっています。

 

子どもが重度の病気を患っている場合は、
相場より高い金額の養育費用を払ってもらえることもあるようです。
ただし当然ですが、必要以上に養育費を支払ってもらうことはできません。

 

養育費の不払いということがないために、
養育費に関して決まった時に役所へ行って公正証書を作っておきましょう。
公正証書をとっておくと養育費が不払いとなった場合、強制執行を行うことが認められます。

 

離婚する時に、慰謝料のことばかりに注意が向いてしまう人も多いようですが
子どもがいる場合には、養育費に関することはとても重要なことなのでしっかり決めておきましょう。

離婚と養育費関連ページ

協議離婚
協議離婚の基礎知識について学びましょう!
熟年離婚
熟年離婚では、慰謝料に加えて財産分与、年金についても考えなければいけません
財産分与
離婚時の財産分与の仕方は、絶対に半分ということではなく、その家庭によって違ってきます。
指輪の処分
離婚したら指輪どうしますか?