離婚 指輪

離婚時には指輪ひとつでもめ事になったりしますので注意しましょう

指輪を、慰謝料の一つとしてもらっておくと言う人も多いようです。

 

配偶者の暴力行為などが離婚の原因となったのであれば、慰謝料を受け取ることができます。
その慰謝料請求を行なうにあたり、婚約指輪や結婚指輪の処分を考えている人もいるはずです。

 

婚約指輪に関しては、そもそも夫に何かがあった場合に、
妻が受け取るであろう財産の一つになるように渡すという意味もあるそうです。
こうしたことから、婚約指輪は金額の高いものを購入する傾向にあるのです。

 

慰謝料として見てみると婚約指輪というのは、無償の贈り物のため、
離婚することになっても相手に返す必要性はありません。
使わなくなった指輪を高く買い取ってくれたり、
リフォームをお願いできるところもあるようですので利用してみるのも良いかもしれません。

 

指輪はそのまま残しておくよりも整理することで
思いもリセットされ新しい生活へと踏み出すきっかけとなることでしょう。

 

指輪を返してほしいと、配偶者から請求されるという人もいるそうですが。
指輪の扱いは人それぞれでしょうが、小さなことでもめて労力を使うことは、良くありません。
お気に入りの指輪であっても、それらに執着するのは賢明とは言えませんね。

離婚と結婚指輪関連ページ

協議離婚
協議離婚の基礎知識について学びましょう!
熟年離婚
熟年離婚では、慰謝料に加えて財産分与、年金についても考えなければいけません
財産分与
離婚時の財産分与の仕方は、絶対に半分ということではなく、その家庭によって違ってきます。
養育費
子持ち離婚の場合には、養育費に関することはとても重要です。