離婚 財産分与

財産分与の基礎知識

離婚をするときの慰謝料請求には、一緒に財産分与も受けることができます。

 

離婚に関する話し合いでは、金銭に関する摩擦が生じることがよくあり、
ほとんどが慰謝料についてと財産をどう分けるかでこじれてしまうようです。

 

離婚の慰謝料においては、離婚に至る原因をつくった側が払うものですが、財産分与は異なります。
夫婦で一緒に築いてきた財産なので、離婚の原因に関係なく分けられます。
ですから、離婚原因をつくった側であっても、財産分与は可能なのです。

 

ただし、結婚前から持っていた財産や
結婚後に実家から貰った財産などは、夫婦共有の財産には入りません。
財産分与として認められるのは、
結婚していた間に二人で作ってきた財産だけが認められます。

 

財産分与の仕方は、絶対に半分ということではなく、その家庭によって違ってきます。
慰謝料を支払う配偶者の資産が不動産だけという場合には、
それを慰謝料として不動産を譲り渡すことになります。
こうした場合は、不動産を譲渡する側に「譲渡所得税」が掛かることもあるので、
注意するようにしてください。

 

また離婚に踏み切った時に協議に財産分与を含めていなくても、
離婚が成立してから2年以内であれば話しあって請求することが可能です。

 

ただし、財産分与に含まれるのは、もらえる財産だけではないので注意が必要です。
ローンなどの借金などもマイナスの財産分与の対象となるので、気をつけましょう。

 

離婚する時に多額の借金を負っているなら、財産を放棄することも考える必要があります。

 

慰謝料や財産分与など金銭的なことでの悩みは、弁護士などに任せるのが得策です。

離婚時の財産分与関連ページ

協議離婚
協議離婚の基礎知識について学びましょう!
熟年離婚
熟年離婚では、慰謝料に加えて財産分与、年金についても考えなければいけません
養育費
子持ち離婚の場合には、養育費に関することはとても重要です。
指輪の処分
離婚したら指輪どうしますか?